楽天不動産: 新築マンション、新築一戸建て(分譲)、賃貸などの総合不動産サイト

楽天不動産

楽天グループ関連
補助メニュー
主なカテゴリー
現在地
楽天不動産TOP > 特集 > プロに聞く!! 住まいのお悩み相談室 >ハウスメーカーと工務店…どっちがいいの?

ハウスメーカーと工務店…どっちがいいの?

keyword: ハウスメーカー, パワービルダー, 工務店

(ジュゴンボウイ / 30歳 / 男性 / 千葉県市原市)

家を建てる上で、ハウスメーカーよりも工務店のほうが良い、とよく聞くのですが実際はどうなのでしょうか?
それぞれに長所と短所があるようでしたら、教えてください。


ハウスメーカー、パワービルダー、工務店
それぞれの魅力と注意点はここだっ!!

「家を建てるとき、どこに頼むのがいいのか」というのは
多くの方にとって悩みどころだと思います。

まずは「大手のハウスメーカー」
ブランド力や会社の信用力があり、資金的な体力もあります。ノウハウの蓄積も多く、品質には一定のレベルが保たれているといっていいでしょう。人材もしかりです。ただし、不具合や欠陥がゼロということではありません。
一方で独自の研究所や広告費用等へのコスト要因から、価格は高めの傾向です。
また、担当者の移動なども相対的に多い傾向にあります。

次に、ローコストで住宅供給する、いわゆる「パワービルダー」と呼ばれるところ。
何といっても価格の安さが魅力です。10年、20年前、これらパワービルダーと呼ばれるところは「安かろう、悪かろう」と評される時期もありましたが、現在では設計、施工品質ともにかなりレベルアップし、大手ハウスメーカーと遜色のないレベルにまで来ているところも見受けられます。
課題はまず、現場による施工品質にばらつきが多いこと。
さくら事務所のホームインスペクション経験では、東京のA現場はばっちりだが神奈川のB現場の工事はメタメタということがよくあります。人材の品質もハウスメーカーとの相対比較ではやや劣る面もあります。価格は安くて魅力的な一方、現場の工事と人材の質にばらつきがある、ということです。また一口にパワービルダーといっても各企業によってばらつきがあることも知っておいてください。

最後に「工務店」
こちらは、パワービルダーよりさらにばらつきがあります。
ハウスメーカーの住宅よりよほど立派な建物を、安く提供しているすばらしい工務店もあれば、建築基準法などの法改正も知らず、旧態依然とした建物を作るなど、顧客本位の姿勢が見られないところもあり、一概にはくくれないのです。良心的な工務店さんを見つけることが出来るといいですね。

用語解説

ハウスメーカー

全国規模で展開する住宅建設会社に対する呼称。

パワービルダー

住宅一次取得者層をターゲットにした建売住宅を建築販売する業者。

工務店

住宅の工事がスムーズに行えるように、主に職人(トビ、大工、左官、板金、電気、水道その他)などの手配を行うなど、専門工事業者をマネジメントする業者のこと。

今週のプロ紹介

不動産コンサルタント・株式会社さくら事務所 会長
長嶋 修

1999年に業界初の個人向け不動産コンサルティング会社『株式会社さくら事務所』を設立。以降、様々な活動を通して“第三者性を堅持した個人向け不動産コンサルタント”第一人者としての地位を築いた。国土交通省・経済産業省などの委員も歴任。TV等メディア出演 、不動産・経済セミナー講師、出版・執筆活動等、幅広く活躍中。『住宅購入学入門いま、何を買わないか 』(講談社)他、著書多数。

【質問大募集!!】質問が採用された方には楽天スーパーポイント100ポイントプレゼント!! (質問の投稿はとても簡単です。いますぐ質問してみよう♪)

質問投稿はこちらから >>

質問は、上記からまたは、毎週火曜日配信の楽天不動産メルマガ『売買ニュース』から投稿できます。