楽天不動産: 新築マンション、新築一戸建て(分譲)、賃貸などの総合不動産サイト

楽天不動産

楽天グループ関連
補助メニュー
主なカテゴリー
現在地
楽天不動産TOP > 特集 > プロに聞く!! 住まいのお悩み相談室 > ホームインスペクションはやったほうが良いのか?

ホームインスペクションはやったほうが良いのか?

keyword: ホームインスペクション, 住宅診断

(Teo / 35歳 / 福岡県)

中古マンションの購入を考えています。最近、購入前にホームインスペクションをやった方が良い、と雑誌やTVで紹介されていますが、実際にどのような効果があるのでしょうか?また、通常どのタイミングでホームインスペクションはやるのでしょうか?アドバイス頂ければ幸いです。よろしくお願いします。

タイミングは、気に入った物件があって「大きな問題がなければ契約しよう」といった段階!

中古住宅を購入するときに、第三者の専門家がホームインスペクション(住宅診断)を行うケースが最近増加しています。欧米では既に常識であるこの慣行は、やがて日本でも当たり前になるでしょう。

ホームインスペクションのタイミングとしては「申し込み後、契約前」というのが通常です。気に入った物件があって、大きな問題がなければ契約しよう」といった段階です。ホームインスペクションを入れることで、建物に大きな問題はないか、劣化具合はどうか、買った後に、いつごろ、どこに、いくらくらいのお金がかかりそうかなどがわかります。

今週のプロ紹介

不動産コンサルタント・株式会社さくら事務所 会長
長嶋 修

1999年に業界初の個人向け不動産コンサルティング会社『株式会社さくら事務所』を設立。以降、様々な活動を通して“第三者性を堅持した個人向け不動産コンサルタント”第一人者としての地位を築いた。国土交通省・経済産業省などの委員も歴任。TV等メディア出演、不動産・経済セミナー講師、出版・執筆活動等、幅広く活躍中。『住宅購入学入門いま、何を買わないか』(講談社)他、著書多数。



【質問大募集!!】質問が採用された方には楽天スーパーポイント100ポイントプレゼント!! (質問の投稿はとても簡単です。いますぐ質問してみよう♪)

質問投稿はこちらから >>

質問は、上記からまたは、毎週火曜日配信の楽天不動産メルマガ『売買ニュース』から投稿できます。