楽天不動産: 新築マンション、新築一戸建て(分譲)、賃貸などの総合不動産サイト

楽天不動産

楽天グループ関連
補助メニュー
主なカテゴリー
現在地
楽天不動産TOP > 特集 > プロに聞く!! 住まいのお悩み相談室 > ペットと同居するために注意する点などはありますか?

ペットと同居するために注意する点などはありますか?

keyword: ペット, ペット可マンション

(匿名希望さん)

ペットと一緒に住みたいと考えているのですが、どのような点に注意したらよいでしょうか?ちなみに小型犬です。

周囲の人に配慮した暮らしをするように、気を配る必要があります。

マンションで生活するということは、マンションの他の入居者と共同で暮らすということになります。ペット可のマンションといえども当然、周囲の人に配慮した暮らしをするように気を配る必要があります。

以下、ペットを飼っている場合ならではの注意するべきことを見てみましょう。

【マナー】
犬の場合、小型犬といえども散歩が必要な場合があるので、建物の共用部分(エントランスなど)を使う時には出来るだけ抱いて移動するようにしましょう。
また、共用部分で排泄した場合はすみやかに消毒剤などで掃除をする心遣いが必要です。
また、ベランダも共用部分となるので、ベランダに小屋を作ってそこで飼ったり、ベランダでブラッシングもしないようにしましょう。(毛が隣近所に舞い込みトラブルになる。)

【鳴き声】
ペットとの賃貸生活の中で最もトラブルとなりやすいのは、やはり鳴き声でしょうか。
ペット可のマンションの場合、他の入居者もペット可ということを了承しているので比較的鳴き声などの騒音には寛容な場合が多いですが、それでも深夜などは声が響きやすく、近隣トラブルに発展してしまうケースもあります。
ペットがどうしても鳴く場合は、しっかりとその原因を特定して原因を取り除いてやるなど、苦情が来る前に自分自身で気を配るようにしましょう。
なお、犬の場合は散歩をしっかりとしてあげれば、無駄鳴きがやむケースもあるので、しっかりと連れて行ってあげてください。

【臭い】
ペットは何かしらの臭いを持っているものです。
特にトイレでは糞や尿の臭いが充満しやすいので、排泄の都度、できるだけ早くトイレの掃除をするように心がけましょう。
掃除をさぼって臭いが充満すると、最悪隣近所からクレームをつけられることもありえます。
自分自身も臭い環境で過ごすのは辛いことでしょうし、掃除は小まめに行うようにしましょう。

概ね以上でしょうか。
ペット可マンションでも、周囲にはしっかりと配慮しなければいけませんね。

今週のプロ紹介

ハウスコム株式会社 経営企画室
板東 良裕

大学(法学部)卒業後、販売促進、広告宣伝、営業、商品開発、新規事業など企画業務を中心に様々な職種を経験。手掛けてきた商材も多岐に渡る。現在は、賃貸仲介を専門とするハウスコム株式会社へ入社。同社経営企画室でWebを含む販売促進業務を担う。






【質問大募集!!】質問が採用された方には楽天スーパーポイント100ポイントプレゼント!! (質問の投稿はとても簡単です。いますぐ質問してみよう♪)

質問投稿はこちらから >>

質問は、上記からまたは、毎週火曜日配信の楽天不動産メルマガ『売買ニュース』から投稿できます。