楽天不動産: 新築マンション、新築一戸建て(分譲)、賃貸などの総合不動産サイト

楽天不動産

楽天グループ関連
補助メニュー
主なカテゴリー
現在地
楽天不動産TOP > 特集 > プロに聞く!! 住まいのお悩み相談室 > 注文住宅と建売それぞれの良さは?

注文住宅と建売それぞれの良さは?

keyword: 建売住宅, 注文住宅

(ヘンデル / 35歳 / 兵庫県)

両親と同居することになり、思い切って一戸建てを購入しようかと思っています。ただ、注文住宅にするか、建売住宅にするか悩んでいます。それぞれのメリット・デメリットがあれば、教えてください。

大別すれば「建売は割安だが限定的自由度」「注文住宅は割高だが自由度合高し」です。

大別すれば「建売は割安だが限定的自由度」「注文住宅は割高だが自由度合高し」です。建売住宅は、あらかじめ売主業者が設計し建築確認が降りていますので、仮に間取りや仕様を変更したいといった場合でもその自由度は限定的であり、仮に変更が可能であっても工事前や資材発注前でないと難しいところがあります。その分、大量発注でコストダウンされた部材などを使っていたりすることから、注文住宅に比して相対的に割安感があることが多いです。一方で注文住宅の場合、間取りも仕様も自由に決められるものの、その内容によっては割高になることもあります。また、人に貸したり売ったりする際に、あまりに個性的なものを造ってしまうと、市場性が失われる、つまり「貸しづらい、売りづらい」といった事態になる可能性も。また、資金面では、建売の場合、土地建物一体でのローンが組めるのですが、土地を買って注文住宅という場合、まず土地分の融資資金を出し、次に建物分を、と手続きがやや煩雑になるほか、つなぎ融資といった別途のコストがかかります。これらはあくまで一般論です。建売住宅であっても比較的自由に変更可能なケースもありますし、注文住宅であっても割安なこともあります。

今週のプロ紹介

不動産コンサルタント・株式会社さくら事務所 会長
長嶋 修

1999年に業界初の個人向け不動産コンサルティング会社『株式会社さくら事務所』を設立。以降、様々な活動を通して“第三者性を堅持した個人向け不動産コンサルタント”第一人者としての地位を築いた。国土交通省・経済産業省などの委員も歴任。TV等メディア出演、不動産・経済セミナー講師、出版・執筆活動等、幅広く活躍中。『住宅購入学入門いま、何を買わないか』(講談社)他、著書多数。



【質問大募集!!】質問が採用された方には楽天スーパーポイント100ポイントプレゼント!! (質問の投稿はとても簡単です。いますぐ質問してみよう♪)

質問投稿はこちらから >>

質問は、上記からまたは、毎週火曜日配信の楽天不動産メルマガ『売買ニュース』から投稿できます。