楽天不動産: 新築マンション、新築一戸建て(分譲)、賃貸などの総合不動産サイト

楽天不動産

楽天グループ関連
補助メニュー
主なカテゴリー
現在地
楽天不動産TOP > 特集 > プロに聞く!! 住まいのお悩み相談室 >どちらが得?(新築と中古のメリット・デメリット)

どちらが得? (新築と中古のメリット・デメリット)

keyword: 最新設備, 耐震性

(チョコレート / 34歳 / 女性 / 宮崎県)

今家をさがしていますが、新築と中古のプラス面とマイナス面を教えて下さい。あと新築や中古の家をみる時どういう所をチェックしたほうがいいんですか?

重視するのは、最新の設備や有利なローン?それとも割安感?

新築の良さは「全てが新品」「最新の設備」「耐震性が確保できる」「有利な住宅ローンが利用しやすい」などでしょう。デメリットとしては「価格が高い」に尽きると思います。
一方で中古住宅のメリット・デメリットは新築のそれをちょうど反転したものになります。
割安な買い物をしたいなら中古ということになるでしょうし、最新の設備がほしければ新築、もしくは中古を買ってリフォーム。耐震性を確保したいなら新築もしくは中古を買う際にホームインスペクション(住宅診断)を行う、ということになるでしょう。チェックポイントはボリュームの都合上、ここではお伝えしきれません。

まずは住宅購入関連ノウハウ書籍をいくつかお読みになってみてください。

今週のプロ紹介

不動産コンサルタント・株式会社さくら事務所 会長
長嶋 修

1999年に業界初の個人向け不動産コンサルティング会社『株式会社さくら事務所』を設立。以降、様々な活動を通して“第三者性を堅持した個人向け不動産コンサルタント”第一人者としての地位を築いた。国土交通省・経済産業省などの委員も歴任。TV等メディア出演 、不動産・経済セミナー講師、出版・執筆活動等、幅広く活躍中。

【質問大募集!!】質問が採用された方には楽天スーパーポイント100ポイントプレゼント!! (質問の投稿はとても簡単です。いますぐ質問してみよう♪)

質問投稿はこちらから >>

質問は、上記からまたは、毎週火曜日配信の楽天不動産メルマガ『売買ニュース』から投稿できます。