楽天不動産: 新築マンション、新築一戸建て(分譲)、賃貸などの総合不動産サイト

楽天不動産

楽天グループ関連
補助メニュー
主なカテゴリー
現在地
楽天不動産TOP > 特集 > プロに聞く!! 住まいのお悩み相談室 > リノベーションについて

プロに聞く!! 住まいのお悩み相談室

リノベーションについて

keyword: リノベーション, 耐震性, 配管・配線

(ツタンカーメン / 48歳 / 千葉県)

現在住んでいる家のリノベーションを考えています。例えば10年後に売却するとして、バリアフリー化する、水回りを新しくするなど、新しくすることによって物件としての価値が高まる場所はありますか?

「見えない部分」の改修をご検討ください。

もっとも価値が上がるものと思われるのは「見えない部分」です。
具体的には主に2つあります。

1つは「耐震性」です。
現在の住宅の耐震性は大丈夫でしょうか?
これが確保できているのとそうでないのとでは、将来に大きな差がでそうです。
リノベーションは耐震診断や補強のチャンスでもあります。

2つ目に「配管・配線」です。
上下水道の配管や電気配線は、劣化していないでしょうか?
人間の体でいうとこの部分は、血管にあたり、隠れて見えないものの非常に重要です。

こうした前提の上で、水回りやバリアフリー化など、コストと相談しながら進めるのがよろしいかと思います。 特に水回りは、印象の点で大きく違ってきます。 10年後の売却であれば、いま新品にしてもそれなりに陳腐化することも踏まえておきたいところです。
また壁紙などは売却の際に張り替えると効果的です。
コストの割に変化する面積が大きいからです。

今週のプロ紹介

不動産コンサルタント・株式会社さくら事務所 会長
長嶋 修

1999年に業界初の個人向け不動産コンサルティング会社『株式会社さくら事務所』を設立。以降、様々な活動を通して“第三者性を堅持した個人向け不動産コンサルタント”第一人者としての地位を築いた。国土交通省・経済産業省などの委員も歴任。TV等メディア出演、不動産・経済セミナー講師、出版・執筆活動等、幅広く活躍中。『住宅購入学入門いま、何を買わないか』(講談社)他、著書多数。



【質問大募集!!】質問が採用された方には楽天スーパーポイント100ポイントプレゼント!! (質問の投稿はとても簡単です。いますぐ質問してみよう♪)

質問投稿はこちらから >>

質問は、上記からまたは、毎週火曜日配信の楽天不動産メルマガ『売買ニュース』から投稿できます。