楽天不動産: 新築マンション、新築一戸建て(分譲)、賃貸などの総合不動産サイト

楽天不動産

楽天グループ関連
補助メニュー
主なカテゴリー
【お侘び】9/29 2時~10時頃、ページが正常に表示されない障害が発生いたしました。現在は復旧しております。ご迷惑をおかけして申し訳ございません。
現在地
楽天不動産TOP > 特集 > プロに聞く!! 住まいのお悩み相談室 >ベランダの排水管から逆流!!

ベランダの排水管から逆流!!

keyword: アフターサービス

(シンネン4444 / 54歳 / 女性 / 神奈川県)

先日の大雨の時、ベランダの排水管から雨水が逆流してきたのですが…今年の1月に新築で買ったマンションなのですが、こんな事ってあるのでしょうか?責任はどこにあるのでしょうか、お教えください。宜しくお願い致します。

アフターサービスの期間中に売主に連絡を!

どの程度の降雨量であったかにもよります。数十ミリ/時間程度の一般的な雨の場合でこのような状況になるということは、雨水配管や経路に何らかの問題がある可能性があります。
今年一月に買われたということですから、アフターサービスの期間中であることと思いますので、売主に連絡をして症状を伝えてみてください。まずは状況を確認してもらいましょう。

用語解説

アフターサービス

アフターサービスとは、引渡し後の不具合について補修するサービスのこと。
新築住宅の場合には、10年間の瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)があり、構造上の重要な部分や雨水の浸入を防ぐ部分(屋根、外壁など)に欠陥があれば無償で補修してもらえる。しかし瑕疵担保責任は、引渡し時にあった欠陥が後でみつかった場合という意味で、主要部分以外の瑕疵は2年間に限られる。 これに対してアフターサービスは、瑕疵の有無にかかわらず、一定の不具合を補修するというもの。
補修の対象や無償の期間については、業界団体で基準が設けられている。

今週のプロ紹介

不動産コンサルタント・株式会社さくら事務所 会長
長嶋 修

1999年に業界初の個人向け不動産コンサルティング会社『株式会社さくら事務所』を設立。以降、様々な活動を通して“第三者性を堅持した個人向け不動産コンサルタント”第一人者としての地位を築いた。国土交通省・経済産業省などの委員も歴任。TV等メディア出演 、不動産・経済セミナー講師、出版・執筆活動等、幅広く活躍中。

【質問大募集!!】質問が採用された方には楽天スーパーポイント100ポイントプレゼント!! (質問の投稿はとても簡単です。いますぐ質問してみよう♪)

質問投稿はこちらから >>

質問は、上記からまたは、毎週火曜日配信の楽天不動産メルマガ『売買ニュース』から投稿できます。