楽天不動産: 新築マンション、新築一戸建て(分譲)、賃貸などの総合不動産サイト

楽天不動産

楽天グループ関連
補助メニュー
主なカテゴリー
現在地
楽天不動産TOP > 特集 > プロに聞く!! 住まいのお悩み相談室 > 住宅資金ローンか現金払いどちらが税金面で得?

住宅資金ローンか現金払いどちらが税金面で得?

keyword: 住宅ローン, 税金

(はなこ / 60歳 / 千葉県)

住宅ローンを組んで減税を受けるか、現金で一括払いどちらが有利?

  • 今週のプロNPO法人住環境健康情報ネットワーク「住宅の悩みとトラブル無料相談室」理事長 中井義也
  • プロの詳細情報 >>

最初にライフプランを計画し、そのうえでどのようにお金をかけるべきかご判断ください。

住宅ローンを組むか現金で支払うか? どちらが有利かという問題ですが、こちらについてはケースにより変わってきますので、一般的な考えをお伝えいたします。
現在、様々な税制が出ており、住宅関連でお金を使われる場合は、様々な優遇が受けることができます。 ただし住宅ローンには、金利があります。
例えば35年間1.5%の金利で推移し、2,000万円のローンを組んだとしましょう。 そうすると35年間の総支払額は25,719,492円となり、約570万円は金利として支払う形になります。 純粋にお金としてみると、現金で支払った方がでていくお金が少ないと考えられます。
ただしここからが重要ですが、人生の中では、お金が必要な時があります。
お子様の教育費や、急な出費などの備えなど、手元に置いておくべきお金が必要です。 ですので、まず大切なのは人生でかかるお金を推測してライフプランを計画して、そのうえで家づくりにいくらお金をかけるべきかをしっかりと計算されるのが最初です。
そのステップをしっかり行ってから家づくりをされていけば、ご自身がいくら現金を使ってもいいのか、いくら借りてもいいのかが、明確になります。
そのうえでご計画を進められて行くといいでしょう。

今週のプロ紹介

NPO法人住環境健康情報ネットワーク「住宅の悩みとトラブル無料相談室」理事長
中井義也

大学卒業後、大手ハウスメーカーにて勤め、住宅の多岐にわたるご相談にこたえようと地元の建築会社へ転職。 家造り・リフォーム・不動産と年間360件以上のご相談をお聞きし、活動している。 また、昨今の悪徳リフォームや訪問販売、間違った認識で進められる家づくりを改めるため、『特定非営利活動法人住環境健康情報ネットワーク』を社員と同志で結成、理事長として、「住宅の悩みとトラブル無料相談室」を開設し、お住まいの正しい知識と少しでも有益な情報を得ていただこうと活動している。

【質問大募集!!】質問が採用された方には楽天スーパーポイント100ポイントプレゼント!! (質問の投稿はとても簡単です。いますぐ質問してみよう♪)

質問投稿はこちらから >>

質問は、上記からまたは、毎週火曜日配信の楽天不動産メルマガ『売買ニュース』から投稿できます。