楽天不動産: 新築マンション、新築一戸建て(分譲)、賃貸などの総合不動産サイト

楽天不動産

楽天グループ関連
補助メニュー
主なカテゴリー
現在地
楽天不動産TOP > 特集 > プロに聞く!! 住まいのお悩み相談室 > 屋根が飛んできました

屋根が飛んできました

keyword: 屋根, 火災保険

(チェ・ゲバラ/ 37歳 / 静岡県)

先日の台風で、近所の敷地内にある(母屋ではなく)簡素な小屋の一部が崩壊したようで、その一部が我が家の敷地内に飛んできました。 幸い我が家に被害はなかったのですが、今後も同じような事が起きるのではないかと懸念しています。 そのお宅とは以前は近所付き合いがありましたが、現在は引越しして空家になっています。 時々家に風を通しに来ている気配もあります。 表立って注意やお願いはしづらいので、例えば行政から注意勧告して頂くなど、何か良い方法はないでしょうか。

所有者の方へ状況をご相談し、火災保険等で被害に備えましょう。

行政は民事不介入ですので、火災保険等で被害に備えましょう。
まずは前回の台風でご近所の小屋の一部の材料が敷地内に飛んできた事実を伝えて、何らかの対策を講じていただけますよう依頼されてみてはいかがでしょうか。
それでも改善が見られないときや、今後も同じような被害が予想されるようでしたら、台風や竜巻等による自宅の被害に備える火災保険への加入や、補償内容の見直しを行われてみてはいかがでしょうか。
最近の火災保険は火災や落雷、破裂・爆発といった火災リスクだけでなく、「風災やひょう(雹)災、雪災」、「水災」といった自然災害リスクも補償されますので、代理店に相談してみましょう。

今週のプロ紹介

不動産コンサルタント・株式会社さくら事務所 コンサルタント
三上 隆太郎

住宅営業として長く新築住宅販売に携わった後、家業の建設会社にて国の施設や公共工事などの 施工経験を積み、個人向け不動産コンサルティング会社『株式会社さくら事務所』参画。 売る側、造る側双方の仕組み・心理を熟知し、相違する両者の橋渡しとなるべく熱意ある アドバイスが好評をよぶコンサルタント。不動産・住宅診断のマルチプレーヤー。
各種講演・執筆実績多数。



【質問大募集!!】質問が採用された方には楽天スーパーポイント100ポイントプレゼント!! (質問の投稿はとても簡単です。いますぐ質問してみよう♪)

質問投稿はこちらから >>

質問は、上記からまたは、毎週火曜日配信の楽天不動産メルマガ『売買ニュース』から投稿できます。