楽天不動産: 新築マンション、新築一戸建て(分譲)、賃貸などの総合不動産サイト

楽天不動産

楽天グループ関連
補助メニュー
主なカテゴリー
現在地
楽天不動産TOP > 特集 > プロに聞く!! 住まいのお悩み相談室 >土地だけ先に購入する場合

土地だけ先に購入する場合

keyword: 建蔽率, 日影規制, プレハブ工法

(がんちゃん / 37歳 / 女性 / 福岡県)

家をどのようにたてるか決めておらず、土地だけ希望のものがある場合、先に土地だけ購入するとどんなデメリットがあるか教えてください。

思い通りの建物が建てられなかった……後で後悔しないために

デメリットがあるとすると「思い通りの建物が建てられなかった」という事になってしまうことが考えられます。実際、さくら事務所にはこういった相談、お悩みがしばしば寄せられます。

土地の形状や大きさによって、建てられる建物の大きさや間取り、構造がある程度決まってきます。例えば土地面積30坪で、容積率100%なら、床面積を全てあわせて30坪までが限度に。建蔽率が50%なら、建物を上から見たときに15坪までが限度です。このほかに、日影や道路の斜線制限もあります。

また、土地の形状や道路付けによって、ある程度間取りというものは決まって来るものです。例えばリビングや和室などは陽あたりのよい南側に。階段やトイレ・浴室などは北側に持ってくるのが一般的です。

さらに、建物の構造によって建てられる建物も変わってきます。例えば木造在来工法なら、基本的なモジュールは910ミリピッチ。畳の短いほうのヘリ長さです。プレハブ工法ならメーターモジュールといって、1メートルピッチで間取りを構成するケースが多かったりします。

完全にプランを固めるところまでいかなくとも、ある程度はプランニングが固まった段階で土地の契約に臨むのが理想です。

用語解説

容積率

敷地面積に対する建物の延べ床面積の割合

建蔽率

敷地面積に対する建築面積の割合

日影規制

日照を確保することを目的とした、日影による建築物の高さの制限

斜線制限

通風、採光等を確保し、良好な環境を保つことを目的とした、建築物の各部分の高さの制限

木造在来工法

日本で古くから発達してきた伝統工法(でんとうこうほう)を簡略化・発展させた構法で、主に柱や梁といった軸組(線材)で支える。設計自由度が比較的高めの工法

プレハブ工法

あらかじめ部材を工場で生産・加工し、建築現場で加工を行わず組み立てる建築工法

今週のプロ紹介

不動産コンサルタント・株式会社さくら事務所 会長
長嶋 修

1999年に業界初の個人向け不動産コンサルティング会社『株式会社さくら事務所』を設立。以降、様々な活動を通して“第三者性を堅持した個人向け不動産コンサルタント”第一人者としての地位を築いた。国土交通省・経済産業省などの委員も歴任。TV等メディア出演 、不動産・経済セミナー講師、出版・執筆活動等、幅広く活躍中。

【質問大募集!!】質問が採用された方には楽天スーパーポイント100ポイントプレゼント!! (質問の投稿はとても簡単です。いますぐ質問してみよう♪)

質問投稿はこちらから >>

質問は、上記からまたは、毎週火曜日配信の楽天不動産メルマガ『売買ニュース』から投稿できます。