楽天不動産: 新築マンション、新築一戸建て(分譲)、賃貸などの総合不動産サイト

楽天不動産

楽天グループ関連
補助メニュー
主なカテゴリー
現在地
楽天不動産TOP > 特集 > プロに聞く!! 住まいのお悩み相談室 >オークションでの購入

オークションでの購入

keyword: 競売物件, 任意売却物件, 瑕疵担保責任

(オク / 38歳 / 女性 / 静岡県)

オークションサイトで競売物件を買おうかなと思っているんですが、何か気をつけないといけない事ってありますか?

通常の取引よりも高リスク!専門家のサポートを受けることをすすめます!

オークションサイトであれなんであれ、競売物件を購入する際の注意点は同じです。

入居者がいる場合には建物内部を確認できず、落札後に明け渡し交渉を行うことになりますが、さくら事務所の経験では、任意売却物件や競売物件は、建物の劣化度合いが通常のものより進行している、建物の扱い方が丁寧ではなく、リフォームや修繕費用がかかるなどの傾向があります。競売物件は、元の所有者や裁判所に建物の瑕疵担保責任を追及することは出来ません。

また権利関係が複雑な場合もありますので、プロ級の知識や経験をお持ちの方でない限り、取引には専門家のサポートを受けることをおすすめします。

用語解説

競売物件

借入金の担保として提供していた土地や建物などの不動産を債権者が裁判所に申し立て、裁判所を介して売却する不動産物件

任意売却物件

競売という強制的方法の前に、債権者と債務者が話し合い、自らの意思(任意)で売却する不動産物件

瑕疵担保責任

売買の対象物に隠れた瑕疵(=外部から容易に発見できない欠陥)がある場合、売主が買主に対してその責任を負うこと

今週のプロ紹介

不動産コンサルタント・株式会社さくら事務所 会長
長嶋 修

1999年に業界初の個人向け不動産コンサルティング会社『株式会社さくら事務所』を設立。以降、様々な活動を通して“第三者性を堅持した個人向け不動産コンサルタント”第一人者としての地位を築いた。国土交通省・経済産業省などの委員も歴任。TV等メディア出演 、不動産・経済セミナー講師、出版・執筆活動等、幅広く活躍中。

【質問大募集!!】質問が採用された方には楽天スーパーポイント100ポイントプレゼント!! (質問の投稿はとても簡単です。いますぐ質問してみよう♪)

質問投稿はこちらから >>

質問は、上記からまたは、毎週火曜日配信の楽天不動産メルマガ『売買ニュース』から投稿できます。