楽天不動産: 新築マンション、新築一戸建て(分譲)、賃貸などの総合不動産サイト

楽天不動産

楽天グループ関連
補助メニュー
主なカテゴリー
現在地
楽天不動産TOP > 特集 > プロに聞く!! 住まいのお悩み相談室 > 建売契約後の事故について

建売契約後の事故について

keyword:建売,事故

(ひろと/ 34歳 / 東京都)

新築建売一戸建てを購入し、一ヶ月前に前金として建築会社に300万円支払い、今月中旬に引き渡し、引っ越しという流れに入っております。
その矢先、購入物件の給湯器が破裂し、水が溢れ、周辺が水浸しになる事故が起きました。原因は、「ブレーカーを落としていたことによる凍結」と建築会社は説明しています。

新築建売で、建築会社がブレーカーを落とすことはあるのでしょうか?
寒い地域ですので、こういったことは予測されたと思うのですが…このような対応の建築会社から購入することに、不安を感じています…

  • 今週のプロNPO法人住環境健康情報ネットワーク「住宅の悩みとトラブル無料相談室」理事長 中井義也
  • プロの詳細情報 >>

不動産業者さんや営業マンが知らずにブレーカーを落としてしまうケースも。
今後のメンテナンスがどのように行われるか確認しておきましょう。

ご相談ありがとうございます。
新築一戸建ての購入についてのご相談とお伺いしました。
はい、寒い地域の場合、凍結による給湯器の損傷というのは、充分に考えられるリスクです。

よく聞くのは、このような場合、販売に関わる不動産業者さんや、営業マンが、知らずにブレーカーを落としてしまうというケースです。

この場合も、管理という点では、疑問の残るところですが、こういった場合、大事なのは、ご不安にもあるように、今後のメンテナンスについてです。

給湯器の点もそうですが、管理体制やお住まいのメンテナンスが、どのように行われるか、確認しておくことは、すごく重要です。

保証基準やメンテナンス基準など、このタイミングで、しっかりと確認されておくのをお勧めします。
また、あわせて、不安に感じていることもしっかりと伝え、今後の安心に変わるようにお打ち合わせしていただくことが、大事です。

ご相談のご参考になれば、うれしいです。

ご利用ありがとうございます。

今週のプロ紹介

NPO法人住環境健康情報ネットワーク「住宅の悩みとトラブル無料相談室」理事長
中井義也

大学卒業後、大手ハウスメーカーにて勤め、住宅の多岐にわたるご相談にこたえようと地元の建築会社へ転職。 家造り・リフォーム・不動産と年間360件以上のご相談をお聞きし、活動している。 また、昨今の悪徳リフォームや訪問販売、間違った認識で進められる家づくりを改めるため、『特定非営利活動法人住環境健康情報ネットワーク』を社員と同志で結成、理事長として、「住宅の悩みとトラブル無料相談室」を開設し、お住まいの正しい知識と少しでも有益な情報を得ていただこうと活動している。