楽天不動産: 新築マンション、新築一戸建て(分譲)、賃貸などの総合不動産サイト

楽天不動産

楽天グループ関連
補助メニュー
主なカテゴリー
現在地
楽天不動産TOP > 特集 > プロに聞く!! 住まいのお悩み相談室 >入居後に同居する場合は報告する必要がありますか?

入居後に同居する場合は報告する必要がありますか?

keyword: 同居, 原状回復費用

(匿名希望さん)

賃貸生活してから半年、急に友達と同居することになりました。管理会社もしくは不動産会社にその旨を報告するべきですか?

報告しないこと自体が契約違反となってしまいます!

しっかりと同居について伝えておきましょう。
入居者からすれば「家賃をしっかり払うんだから、一人で住んでいようが、二人で住んでいようがたいした問題ではない」ように思えます。 しかし、これには大きな問題があるのです。

例えば一人で住むより二人で住んだ方が室内が汚れてしまいます。 退居時に思わぬ原状回復費用が発生する可能性も当然上がるため、契約時に預けた敷金では足りない恐れがあります。 その為、例えば敷金をもう一か月分支払うなど、二人入居にあわせた形で再度契約書を修正する必要がでてくることもあるのです。

また、契約する時に通常同居人の有無と、その確認もとります。 契約途中でその同居人の有無に変更があった場合や、同居人自体の入れ替わりなど、何らかの変更があれば管理会社や不動産屋へ報告しなければならない旨、ほとんどの契約書には記載されているでしょう。

そのように考えると報告しないこと自体が契約違反となってしまうのです。
無断で入居させて管理会社や不動産屋に見つかった場合、契約違反で友人が退居を迫られるかもしれません。 そう考えると大家さんだけでなく同居する友人も含めて迷惑をかけることになるんですね。

以上のことからしっかりと伝えるようにしましょう。

今週のプロ紹介

ハウスコム株式会社 経営企画室 主任
松下陽彦

1976年海外生まれ、広島育ち。東京大学法学部卒業後、しばらく放浪し賃貸仲介を専門とするハウスコム株式会社へ。現在同社経営企画室でWEB戦略を担う。趣味は読書と映画鑑賞と旅行。






【質問大募集!!】質問が採用された方には楽天スーパーポイント100ポイントプレゼント!! (質問の投稿はとても簡単です。いますぐ質問してみよう♪)

質問投稿はこちらから >>

質問は、上記からまたは、毎週火曜日配信の楽天不動産メルマガ『売買ニュース』から投稿できます。