楽天不動産: 新築マンション、新築一戸建て(分譲)、賃貸などの総合不動産サイト

楽天不動産

楽天グループ関連
補助メニュー
主なカテゴリー
現在地
楽天不動産TOP > 特集 > プロに聞く!! 住まいのお悩み相談室 >退居時の敷金請求が届きました、高すぎますか?

退居時の敷金請求が届きました、高すぎますか?

keyword: 原状回復費

(匿名希望さん)

原状回復費の請求が明らかに高額な気がします。無言で支払うべきでしょうか?何か不正が無いか確かめる方法などありますか?

納得いくまでしっかりと交渉するのが正しい退居の仕方!

退居時にかかる原状回復費(敷金)が高すぎて不安だということですね。
確かに実際の賃貸の退居で最も多いトラブルの一つです。
今回のように原状回復費が高すぎると感じる場合は、ためらわずにしっかりと不動産屋や管理会社あるいは大家さんへその旨伝えて、しっかりと明細を確認して下さい。
中には残念ながらめちゃくちゃな明細の場合や、明細自体見せられないといった悪質なケースもあるのです。
基本的に納得のいかない金銭は支払う必要はありません。納得いくまでしっかりと交渉するのが正しい退居の仕方と言えるでしょう。
ただ、闇雲に交渉をしてもお互い譲らず平行線になる可能性があります。そのような場合は国土交通省のだしている「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」や、東京都にお住まいであれば都がだしている東京ルールを参考にするとよいでしょう。

「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/torikumi/genzyokaifuku.htm

「賃貸住宅トラブル防止ガイドライン」
http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/juutaku_seisaku/tintai/310-23-jyuutaku.htm

個別具体的に状況に応じて貸主、借主どちらの負担になるか記載があります。これを参照して自分の場合どのようになるかしっかりと確認して判断するのがよいでしょう。
但し、これは法的に強制力のあるものではなく、あくまでガイドライン、指針としてしか機能しません。つまりガイドラインと違う取り決めや違う請求をしても全く問題がないのです。あくまで目安として交渉材料の一つくらいに考えておいた方がよいでしょう。
なお、そのような交渉を続けても変わらずく平行線の時は、各都道府県の宅建協会の無料相談窓口に相談するのがよいでしょう。

今週のプロ紹介

ハウスコム株式会社 経営企画室 主任
松下陽彦

1976年海外生まれ、広島育ち。東京大学法学部卒業後、しばらく放浪し賃貸仲介を専門とするハウスコム株式会社へ。現在同社経営企画室でWEB戦略を担う。趣味は読書と映画鑑賞と旅行。






【質問大募集!!】質問が採用された方には楽天スーパーポイント100ポイントプレゼント!! (質問の投稿はとても簡単です。いますぐ質問してみよう♪)

質問投稿はこちらから >>

質問は、上記からまたは、毎週火曜日配信の楽天不動産メルマガ『売買ニュース』から投稿できます。