楽天不動産: 新築マンション、新築一戸建て(分譲)、賃貸などの総合不動産サイト

楽天不動産

楽天グループ関連
補助メニュー
主なカテゴリー
現在地
楽天不動産TOP > 特集 > プロに聞く!! 住まいのお悩み相談室 >マンションを含めた家の方角について

マンションを含めた家の方角について

keyword: 南向きリビング

(腹の上のポニョ / 52歳 / 男性 / 大阪府)

物件の選択基準のひとつに、妻は、リビングを南向きに拘っています。明るく、温かく、お日様がサンサンと降り注ぐ…。確かに、イメージはいいのですが、私の見解は違います。家の南向きは、景観としては考えますが、必ずしも拘る必要がないと考えています。その理由は、

1.床暖房を設置すれば、冬でも暖かい。
2.南向きは、夏場は、半日以上太陽にさらされ、紫外線の悪影響、エアコンを常時稼動させる必要がある。(自動車でいえば、燃費が悪い。)
3.リビング、ベランダからの景観を損ねる物体が無ければ、問題はない。
4.仮に日照時間が短く室内がくらいと感じるなら、照明(LEDなど)で、十分室内の明るさの確保、消費電力(電気代)の心配はない。

以上のように考えています。考え方の方向性、そのほか検討要素がありましたら、アドバイス願います。

  • 今週のプロNPO法人住環境健康情報ネットワーク「住宅の悩みとトラブル無料相談室」理事長 中井義也
  • プロの詳細情報 >>

全てのご要望をかなえる物件選びは大変。しっかり話し合いを!

「明るく、あたたかく、お日様がさんさんと降り注ぐ…。」奥様のイメージもとても理解できます。また、ご主人さまの具体的な対策もとても理解できます。
具体的に考えていきますと、たとえば、建物の向きや種類にもよりますが、日がさんさんと入るためには、庇が小さく、もしくは、庇がなく、影ができにくい構造が必要となります。ただし、その分、窓に直接雨等が当るので、汚れやすかったり、メンテナンスが必要になったりもしますので、ご検討が必要です。その他にも、窓の大きさや窓の位置なども重要な物件選びのポイントとなりそうです。
全てのご要望をかなえる物件選びは、地域にもよりますが、なかなか大変かもしれません。
リビングにさんさんと日が当たることもとても大切ですが、日本の気候風土を考えると適度に日当たりがいいということが大切だと思います。 奥様のほしいのは、自然に明るくて、あたたかいリビング空間だと感じます。
ご主人さまのいわれるように、対策は、いくつもあります。 ですので、ある程度よい日当たりの物件を探しながら、ご主人様の対策をとりいれ、奥様のご希望である、「明るくて、あたたかいリビング」をお話しあいながら、つくっていただくのがいいと思います。

今週のプロ紹介

NPO法人住環境健康情報ネットワーク「住宅の悩みとトラブル無料相談室」理事長
中井義也

大学卒業後、大手ハウスメーカーにて勤め、住宅の多岐にわたるご相談にこたえようと地元の建築会社へ転職。 家造り・リフォーム・不動産と年間360件以上のご相談をお聞きし、活動している。 また、昨今の悪徳リフォームや訪問販売、間違った認識で進められる家づくりを改めるため、『特定非営利活動法人住環境健康情報ネットワーク』を社員と同志で結成、理事長として、「住宅の悩みとトラブル無料相談室」を開設し、お住まいの正しい知識と少しでも有益な情報を得ていただこうと活動している。

【質問大募集!!】質問が採用された方には楽天スーパーポイント100ポイントプレゼント!! (質問の投稿はとても簡単です。いますぐ質問してみよう♪)

質問投稿はこちらから >>

質問は、上記からまたは、毎週火曜日配信の楽天不動産メルマガ『売買ニュース』から投稿できます。