楽天不動産: 新築マンション、新築一戸建て(分譲)、賃貸などの総合不動産サイト

楽天不動産

楽天グループ関連
補助メニュー
主なカテゴリー
現在地
楽天不動産TOP > 特集 > プロに聞く!! 住まいのお悩み相談室 >資産価値が下がりにくいマンションって?

資産価値が下がりにくいマンションって?

keyword: 資産価値

(匿名希望さん)

資産価値が下がりにくいマンションの見極め方を教えてください。

マンションの資産価値をはかる絶対的な価値観、それは「管理力」!

これまで「マンションの資産価値はとにかく立地」と言われてきました。これはもちろん絶対的にはずせない要件です。今後、本格的な人口減少・世帯数減少が見込まれるなか、立地の選別がますます加速します。
ここでは、今後、賃貸も含めて需要と供給のバランスが崩れていくなか、マンションの資産価値をはかる指標として「より絶対的な価値観」が台頭することについてご説明します。

それはズバリ「管理力」です。
以下の条件を満たすマンションであることが必須といえるでしょう。

1.住人のマンション管理に対する意識が高いこと
2.適切な管理会社(管理人・フロントマン)とつきあっていること
3.予防的で適切な管理・修繕が行われていること
4.管理費・修繕積立金の額が適切であること

この管理力の違いは、マンションの耐用年数そのものに大きく影響します。予防的かつ適切なメンテナンスが行なわれるマンションとそうでないものとでは、耐用年数に大きな差がついてしまうでしょう。
30年、40年で建て替えを検討しなければならないマンションと、100年もつマンションでは、共用部の修繕費や専有部のリフォーム費用など、ランニングコストまで考慮すれば単純比較はできないものの、所有期間中のトータルコストには数倍の開きがでるはずです。

今週のプロ紹介

不動産コンサルタント・株式会社さくら事務所 会長
長嶋 修

1999年に業界初の個人向け不動産コンサルティング会社『株式会社さくら事務所』を設立。以降、様々な活動を通して“第三者性を堅持した個人向け不動産コンサルタント”第一人者としての地位を築いた。国土交通省・経済産業省などの委員も歴任。TV等メディア出演 、不動産・経済セミナー講師、出版・執筆活動等、幅広く活躍中。



【質問大募集!!】質問が採用された方には楽天スーパーポイント100ポイントプレゼント!! (質問の投稿はとても簡単です。いますぐ質問してみよう♪)

質問投稿はこちらから >>

質問は、上記からまたは、毎週火曜日配信の楽天不動産メルマガ『売買ニュース』から投稿できます。