楽天不動産: 新築マンション、新築一戸建て(分譲)、賃貸などの総合不動産サイト

楽天不動産

楽天グループ関連
補助メニュー
主なカテゴリー
現在地
楽天不動産TOP > 特集 > プロに聞く!! 住まいのお悩み相談室 > 傾いている物件の購入は危険?

傾いている物件の購入は危険?

keyword: 建物の傾き, 床の傾斜

(匿名希望さん)

先日中古住宅を見学に行きました。気に入っているのですがひとつだけ気になる点が。こころなしか、建物が北側に傾いている気がするのです。こういった物件を買うのは危険でしょうか。どのように見極めたらよいでしょうか?

傾きが許容範囲を超える場合、その原因を探り対処が必要!

私が創業したさくら事務所のホームインスペクション(住宅診断・住宅検査)現場で最近多いのが、ご質問の「建物の傾き」。床の傾斜や、壁が垂直でないという症状です。

実は、水平・垂直とも完璧な精度の建物というものはほとんどありません。パソコンや自動車などの工業製品とは違い、現場で人間が工事をするものである以上、一定程度の傾きは認められています。その許容範囲について私たちは「1000分の3」、つまり、10メートルの距離で3センチメートルまでとしています。これは国土交通省告示と同じレベルです。

これを超える場合には、その原因を探りしかるべく対処を行う必要があります。例えば床が傾斜している場合には、原因としては大きく以下の3つが考えられます。

1.床そのものが傾いている
建物全体は問題がないものの、床の部分だけが傾いているケースです。これは多くのケースで床の張りなおしでリカバーできます。

2.建物全体が傾いている
これは結構深刻かもしれません。構造上、耐震上の支障がある場合があります。補強などの是正で対処出来ればいいのですが、いかんともしがたいケースもあります。

3.地盤が傾いている
建物には問題がないものの、地盤が傾いているケースです。これはさらに2パターンに分かれます。

(1)相当の時間が経過している場合
建築後20年とか、ある程度時間が経過しているケースです。以前は地盤調査や改良をしていないケースも多かったことから地盤が傾斜している場合です。著しい傾きでなければ地盤も落ち着き、これ以上傾きが進行しないと考えられるため、あとは、この傾きそのものを許容できるか、ということになります。

(2)建築後まもない場合
現在の建築基準法は事実上、地盤調査と必要があれば改良が必要とされています。それでこの症状が出ている場合には悪化の可能性もあり、詳細な調査やそれに基づく対応が必要です。

今週のプロ紹介

不動産コンサルタント・株式会社さくら事務所 会長
長嶋 修

1999年に業界初の個人向け不動産コンサルティング会社『株式会社さくら事務所』を設立。以降、様々な活動を通して“第三者性を堅持した個人向け不動産コンサルタント”第一人者としての地位を築いた。国土交通省・経済産業省などの委員も歴任。TV等メディア出演 、不動産・経済セミナー講師、出版・執筆活動等、幅広く活躍中。



【質問大募集!!】質問が採用された方には楽天スーパーポイント100ポイントプレゼント!! (質問の投稿はとても簡単です。いますぐ質問してみよう♪)

質問投稿はこちらから >>

質問は、上記からまたは、毎週火曜日配信の楽天不動産メルマガ『売買ニュース』から投稿できます。