楽天不動産: 新築マンション、新築一戸建て(分譲)、賃貸などの総合不動産サイト

楽天不動産

楽天グループ関連
補助メニュー
主なカテゴリー
現在地
楽天不動産TOP > 特集 > プロに聞く!! 住まいのお悩み相談室 > 天井から雨漏りが…

天井から雨漏りが…

keyword: 雨漏り, 爆裂現象, 欠陥マンション

(彷徨いサイダー / 44歳 / 東京都)

天井にヒビがあり、水漏れする中古マンションについてご相談です。住環境が気に入り、最上階にある築12年の物件を見学しました。内見したところ、洋室の天井に幅3mmほどヒビがあり、天井のクロスには雨水のシミが見つかりました。天井のヒビの原因究明を営業にお願いすると、原因究明は難しく、都度修理するから安心してください、修理費用は屋上からの水漏れだから管理会社が払い、買主の負担にならない、と返答がありました。そこで相談です。天井の修理費用は誰の負担になるのか?屋内までヒビが入ってるのは欠陥マンション?何卒、アドバイスお願いいたします!

都度修理するから安心とは言えない。

屋内までヒビが入っているから直ちに欠陥マンションとは言い切れませんが、その都度修理するから安心とは全く言えませんね。コンクリートに水が浸透すると中の鉄筋が錆びて膨張し、コンクリートを押し出してしまう「爆裂現象」が発生します。建物の寿命もそれなりになってしまうでしょう。雨漏りの原因が屋上からの水漏れとのことですが、場所は特定できているのでしょうか。さくら事務所のこれまでの住宅診断の実績・経験からお話すれば、雨漏り箇所の特定はなかなか難しいものです。天井修理の費用負担は管理会社ではなく、住民で構成する管理組合が負担するのが一般的です。

用語解説

爆裂現象

爆裂現象とは、ひび割れ箇所などから水や炭酸ガスがコンクリート内に浸入し、コンクリート内部の鉄筋にサビが発生して体積が膨張すること。これにより周囲のコンクリートが押し出され破壊している状態のこと。

今週のプロ紹介

不動産コンサルタント・株式会社さくら事務所 会長
長嶋 修

1999年に業界初の個人向け不動産コンサルティング会社『株式会社さくら事務所』を設立。以降、様々な活動を通して“第三者性を堅持した個人向け不動産コンサルタント”第一人者としての地位を築いた。国土交通省・経済産業省などの委員も歴任。TV等メディア出演 、不動産・経済セミナー講師、出版・執筆活動等、幅広く活躍中。



【質問大募集!!】質問が採用された方には楽天スーパーポイント100ポイントプレゼント!! (質問の投稿はとても簡単です。いますぐ質問してみよう♪)

質問投稿はこちらから >>

質問は、上記からまたは、毎週火曜日配信の楽天不動産メルマガ『売買ニュース』から投稿できます。