楽天不動産: 新築マンション、新築一戸建て(分譲)、賃貸などの総合不動産サイト

楽天不動産

楽天グループ関連
補助メニュー
主なカテゴリー
現在地
楽天不動産TOP > 特集 > プロに聞く!! 住まいのお悩み相談室 > マイホーム購入時の諸費用やローンなどを教えてください。

マイホーム購入時の諸費用やローンなどを教えてください。

keyword: 住宅ローン, 変動金利, 固定資産税

(匿名希望さん)

まわりが徐々にマイホームを買いはじめ、自分もそろそろ買ったほうがいいのかと悩んでいます。だけど買うのにいくらかかるか、買ってからいくらかかるのか、支払いは大丈夫なのかなどよくわかりません。3,000万円の一戸建ての物件を買うとすると、それぞれいくらくらいかかりますか?頭金は500万円くらい出せると思います。

ローンのシミュレーションは余裕を持って高めの金利で!

●買うときにかかる費用
3,000万円の物件を買う場合、諸費用としておおよそ120-150万円くらいかかります。引越し代や家具・家電などは別です。

●買ったあとにかかる費用
毎年の固定資産税がざっくり5万~8万円くらい。そのほか、建物のメンテナンスなどに毎月1万円くらいずつは最低でも積み立てておいたほうが良いでしょう。15~20年目に120万くらいかかり、その後も修繕費はずっと必要です。

●支払いはどのくらいか
例えば300万円の頭金を用意(諸費用別途)し、2,700万円の住宅ローンを借り入れしたとします。期間35年、変動金利3%で、毎月の支払いは10.3万円程度です。 実際にはもっと低金利の商品がたくさんありますが、長期的な金利水準はもっと高めに見積もっておいたほうがよいでしょう。

注意したいのは「変動金利」。現在、各種金利タイプの中でもっとも金利が低く、およそ半数の方が変動金利を利用しています。変動金利は、金利の見直しは年に2回行われ、それを受けて支払額の見直しが5年に1回あるのが一般的です。現在は史上空前の低金利ですので、変動金利で借りる場合は前述したとおり、金利が上がることを見込んでおくか、固定金利で借りておいたほうが良いでしょう。

「住宅ローン 比較」などのキーワードで検索すると、たくさんの住宅ローン商品が比較できるサイトが出てきます。「住宅ローン シミュレーション」で検索すれば、支払額の試算が出来るサイトが出てきます。

今週のプロ紹介

不動産コンサルタント・株式会社さくら事務所 会長
長嶋 修

1999年に業界初の個人向け不動産コンサルティング会社『株式会社さくら事務所』を設立。以降、様々な活動を通して“第三者性を堅持した個人向け不動産コンサルタント”第一人者としての地位を築いた。国土交通省・経済産業省などの委員も歴任。TV等メディア出演 、不動産・経済セミナー講師、出版・執筆活動等、幅広く活躍中。



【質問大募集!!】質問が採用された方には楽天スーパーポイント100ポイントプレゼント!! (質問の投稿はとても簡単です。いますぐ質問してみよう♪)

質問投稿はこちらから >>

質問は、上記からまたは、毎週火曜日配信の楽天不動産メルマガ『売買ニュース』から投稿できます。