楽天不動産: 新築マンション、新築一戸建て(分譲)、賃貸などの総合不動産サイト

楽天不動産

楽天グループ関連
補助メニュー
主なカテゴリー
現在地
楽天不動産TOP > 新築マンション > モデルルーム見学のウソ・ホント > 実際の内装はチラシどおりではない?

モデルルーム見学のウソ?ホント?

マイホームを決定するのは一大決心ですね!後悔をしない選択の鍵は、数多くのモデルルームを見学し、とことん比較し、納得してから購入することです。しかし、モデルルーム見学に対し、漠然とした不安を持たれている方も多いようです。ここでは、いまさら聞けないモデルルーム見学の常識をご紹介します。

実際の内装はチラシどおりではない?

実際の内装はチラシどおりではない? これって ウソ? ホント?

モデルルームに行けば分かる有償オプションと無償オプション。

実は、チラシなどに載っている部屋のイメージ写真には有償のオプションが使われていることがあります。チラシと全く同じ内装や設備を備えた部屋に住むには、相応の費用がかかることがあるのです。

モデルルームでは、フローリングの色やキッチンの高さなど、無料で選ぶことのできるオプションに加え、費用が発生する有償のオプションをチェックすることができます。
有償オプションには、扉の色や位置を変更する、収納を追加するといった設計変更が必要なオプションや、カーテンやエアコンなど入居時に設置するインテリアオプションなどがあり、チラシやリーフレットの写真だけでは、どれが標準なのかオプションなのかは分かりません。
しかし、実際にモデルルームに行くと、通常オプション品にはシールなどの印がついていて、どれが有償オプションなのかがはっきりするので、実際に自分が将来生活する部屋をイメージしやすくなります。
また、モデルルームに行き、最低限譲れないオプションを選択し、シミュレーションすれば、実際に支払う金額も想定することができます。
チラシなどで「見かけの価格」を安く抑えている物件も、無償オプションが充実しておらず、結局有償オプションをつけると、割高になるなんてことも。
ぜひ、実際にモデルルームに足を運んでみてください。

 
資料請求だけでは、価格など重要な情報を入手できない これってウソ?ホント? モデルルームに行くのに、事前の準備が必要? これってウソ?ホント? インターネットの情報だけで、周辺環境の情報収集ができる? これってウソ?ホント? モデルルームの営業マンはしつこい? これってウソ? ホント? モデルルームに行くには予約が必要? これってウソ?ホント?