楽天不動産: 新築マンション、新築一戸建て(分譲)、賃貸などの総合不動産サイト

楽天不動産

楽天グループ関連
補助メニュー
主なカテゴリー
現在地
楽天不動産TOP > 特集 > 不動産最新キーワード「ハザードマップ」
不動産最新キーワードでわかる!失敗しないマイホーム購入のヒント 素人にはわかりにくい不動産用語を解説!あなたのモヤモヤを解決します。最新の不動産キーワードから見えてくる「マイホーム購入のヒント」もいっぱい!今回のキーワードは「ハザードマップ」

今回のキーワード「ハザードマップ」

ハザードマップ

「ハザードマップ」の関連ジャンル

全ジャンル

コンテンツ提供

長嶋修 氏
さくら事務所

マイホームはこうして選びなさい

マイホームはこうして選びなさい
ダイヤモンド社

それぞれの土地の災害リスクは、自治体の「ハザードマップ」で確認する

今回の大地震では津波の被害が目立ちましたが、津波や洪水などの被害については従来から各自治体で「ハザードマップ」の作成が進められており、参考になります。

「ハザードマップ」のポイント整備状況はまちまち、被害予測にも注意が必要

「ハザード」とはもともと危険のことで、全国各地の自治体がそれぞれ洪水、高潮、津波、土砂災害、火山噴火といった災害について、予想される被害の発生地点、被害の拡大範囲、被害の程度などを地図上に表示した地図の作成を進めています。これが「ハザードマップ」と呼ばれるものです。
自分が住んでいる土地、あるいはこれから住もうとしている土地にどんな災害のリスクがあるかを知り、避難経路や避難場所などを確認するためには非常に便利な情報といえるでしょう。
ただし、全国どこでも作成されているかというとそうではなく、自治体によって差があります。
また、東北地方には「津波ハザードマップ」を作成していた市町村が多かったものの、今回の大地震では想定を上回る津波が押し寄せました。逆に、かなり過大な想定になっているケースもあるでしょう。あくまで“予測”である点に注意が必要です。

「ハザードマップ」のポイントポータルサイトから簡単に確認可能

現在、国土交通省の『ハザードマップポータルサイト』から、各自治体のハザードマップについて検索、閲覧が可能です。このサイトには洪水や高潮、地震の被害と密接に関係する地形の状態が分かる土地条件図もあり、一度ゆっくりのぞいてみるといいでしょう。
なお、このポータルサイトに載っていない情報ももちろんありますから、併せて地元の市町村に問い合わせてみることをお勧めします。

「ハザードマップ」の例
ハザードマップ契約と従来型の借家契約との比較
ハザードマップポータルサイトのトップページ
ハザードマップ契約と従来型の借家契約との比較

不動産コンサルタント 長嶋修 + 不動産の達人 株式会社さくら事務所


マンション、一戸建て 後悔しない選び方の「ポイント」とは?大震災後、家選びで迷ったときに読む本の決定版。

不動産コンサルタント 長嶋修:
1999年、業界初の個人向け不動産コンサルティング会社『株式会社さくら事務所』を設立。以降、様々な活動を通じて『“第三者性を堅持した不動産コンサルタント』第一人者としての地位を築く。マイホーム購入・不動産投資など不動産購入ノウハウや、業界・政策への提言、社会問題全般にも言及。著書・メディア出演多数。

不動産の達人 株式会社さくら事務所:
「人と不動産のより幸せな関係を追求し、豊かで美しい社会を次世代に手渡すこと」を目的として設立された、業界初の個人向け不動産コンサルティング会社。第三者性を堅持した住生活エージェント企業といった立場から、利害にとらわれないホームインスペクション(住宅診断)や、購入に関するアドバイスを行なう「不動産の達人サービス」を提供。

マイホームはこうして選びなさい
ダイヤモンド社