楽天不動産: 新築マンション、新築一戸建て(分譲)、賃貸などの総合不動産サイト

楽天不動産

楽天グループ関連
補助メニュー
主なカテゴリー
【お侘び】9/29 2時~10時頃、ページが正常に表示されない障害が発生いたしました。現在は復旧しております。ご迷惑をおかけして申し訳ございません。
現在地
楽天不動産TOP > 特集 > 不動産最新キーワード「次世代省エネ基準」
不動産最新キーワードでわかる!失敗しないマイホーム購入のヒント 素人にはわかりにくい不動産用語を解説!あなたのモヤモヤを解決します。最新の不動産キーワードから見えてくる「マイホーム購入のヒント」もいっぱい!今回のキーワードは「次世代省エネ基準」

今回のキーワード「次世代省エネ基準」

次世代省エネ基準

「次世代省エネ基準」の関連ジャンル

新築一戸建て 新築マンション

コンテンツ提供

長嶋修 氏
さくら事務所

マイホームはこうして選びなさい

マイホームはこうして選びなさい
ダイヤモンド社

「次世代省エネ基準」は当たり前。「トップランナー基準」を目指しなさい

新築戸建てでは、長期優良住宅や住宅エコポイント(終了)の影響で、現行の「次世代省エネ基準」をクリアするのが当たり前になってきました。これからは一歩先をいく「トップランナー基準」が目安です。

住宅の省エネ性について建築基準法では特に定めがなく、その代わり「エネルギーの使用の合理化に関する法律」(略して省エネ法)が工場、輸送、機械器具とともに建築物の省エネ性についての規定を設けています。
省エネ法による建築物の基準としては、まず1980年(昭和55年)に告示された「旧省エネ基準」、ついで1992年(平成4年)に改正された「新省エネ基準」、さらに1999年(平成11年)の「次世代省エネ基準」と順次、見直しが行われてきました。

「次世代省エネ基準」のポイント将来は一層の強化も

しかし、現在適用されている「次世代省エネ基準」でも、国際的にみてそれほど高いレベルではありません。これからは、「次世代省エネ基準」から一歩進んで、「トップランナー基準」を目安にしたいところです。
「トップランナー基準」は、実態としては次世代省エネ基準を満たす建物に、高効率給湯器、太陽熱温水器などの省エネ機器を導入すれば簡単にクリアできます。ただ、省エネ機器の組み合わせでない断熱性能そのものアップも例示されており、将来の省エネ基準の強化を示唆しているともいわれます。
また、省エネ基準の強化は、設計手法の変化も伴います。従来、「熱貫流等による基準」といって、地域や構造ごとに断熱材の種類と厚さ、窓など開口部の種類を組み合わせて一定の目安を設け、それを満たせば建物全体の省エネ性(断熱性)もクリアしていると判断する方法が一般的でした。しかし、これからはより細かく部位ごとに熱の伝わりやすさを計算し、日射や換気の影響も考慮する「熱損失係数等による基準」「年間暖冷房負荷の基準」が用いられていることになるでしょう。

日本と欧米の省エネ基準の比較
日本と欧米の省エネ基準の比較

不動産コンサルタント 長嶋修 + 不動産の達人 株式会社さくら事務所

マイホームはこうして選びなさい

マンション、一戸建て 後悔しない選び方の「ポイント」とは?大震災後、家選びで迷ったときに読む本の決定版。

不動産コンサルタント 長嶋修:
1999年、業界初の個人向け不動産コンサルティング会社『株式会社さくら事務所』を設立。以降、様々な活動を通じて『“第三者性を堅持した不動産コンサルタント』第一人者としての地位を築く。マイホーム購入・不動産投資など不動産購入ノウハウや、業界・政策への提言、社会問題全般にも言及。著書・メディア出演多数。

不動産の達人 株式会社さくら事務所:
「人と不動産のより幸せな関係を追求し、豊かで美しい社会を次世代に手渡すこと」を目的として設立された、業界初の個人向け不動産コンサルティング会社。第三者性を堅持した住生活エージェント企業といった立場から、利害にとらわれないホームインスペクション(住宅診断)や、購入に関するアドバイスを行なう「不動産の達人サービス」を提供。

マイホームはこうして選びなさい