楽天不動産: 新築マンション、新築一戸建て(分譲)、賃貸などの総合不動産サイト

楽天不動産

楽天グループ関連
補助メニュー
主なカテゴリー
現在地
楽天不動産TOP > 特集 > 不動産最新キーワード「劣化対策等級」
不動産最新キーワードでわかる!失敗しないマイホーム購入のヒント 素人にはわかりにくい不動産用語を解説!あなたのモヤモヤを解決します。最新の不動産キーワードから見えてくる「マイホーム購入のヒント」もいっぱい!今回のキーワードは「劣化対策等級」

今回のキーワード「劣化対策等級」

劣化対策等級

「劣化対策等級」の関連ジャンル

新築マンション

コンテンツ提供

長嶋修 氏
さくら事務所

マイホームはこうして選びなさい

マイホームはこうして選びなさい
ダイヤモンド社

劣化対策で「等級2」は時代遅れ。「等級3」を選びなさい

「劣化の軽減に関すること」では、建物の構造躯体に用いられる材料の劣化を遅らせるための対策がどの程度手厚く講じられているかを評価します。

「劣化対策等級」のポイント「劣化対策等級」は3段階評価

住宅には様々な材料が様々な部位に使われており、それぞれ求められる耐用期間も異なります。すべてについて総合的に評価するのは困難なので、長期間にわたって建物を支えることが期待される構造躯体等に使用される材料の劣化軽減対策を優先的に取り上げたのが「劣化対策等級」です。
評価の結果は3段階の等級で表示され、「等級1」は建築基準法に定めるレベルなのに対し、「等級2」では2世代(おおむね50~60年)、「等級3」では3世代(おおむね75~90年)、適切な日常の清掃・点検・補修などを行っていれば大規模な改修工事をしなくても建物がもつレベルとされています。

「劣化対策等級」のポイントマンションはコンクリート劣化が重要

評価対象は、柱や梁、壁など構造躯体等に使用されている材料に限定され、マンションの場合はほとんどが鉄筋コンクリートです。鉄筋コンクリートは鉄筋のまわりをコンクリートで覆った材料で、その劣化はコンクリートが中性化して鉄筋が錆びることによって起こります。
こうした鉄筋コンクリートの劣化を軽減するには、

(1)鉄筋を覆うコンクリートの厚さ(かぶり厚)を厚くする
(2)水・セメント比の小さいコンクリートを使う

という2つの方法があります。
かぶり厚が厚いほど中性化が鉄筋の位置まで進行するのに時間がかかりますし、水・セメント比が小さいほど中性化スピードが遅くなるからです。
住宅性能表示制度でも、水セメント比とかぶり厚の組み合わせによって等級が決まります。
平成21年度のデータでは、マンションなど共同住宅(アパート、賃貸マンションを含む)では劣化対策「等級2」が21.9%、「等級3」が72%となっています。しかし、印象からいうと首都圏ではほとんどの分譲マンションで「等級3」を取得しているといっていいでしょう。
ただ、たまに「等級1」や「等級2」の物件もあるので、念のためにチェックしてください。マンションは一戸建てに比べると建て替えが難しく、耐久性が高いマンションを設計するということは、デベロッパーの社会に対するものづくりの姿勢がどうであるかを判断する格好の指標ともいえます。

「劣化対策等級」のポイント劣化対策等級の注意点

なお、ここでいう大規模な改修工事とは、マンションの場合、鉄筋コンクリートの柱や梁を一部打ちかえるといったような大がかりな工事のこと。屋上防水のやり直しや外壁の塗装など「大規模修繕工事」とは異なるので注意してください。
また、どの等級でも異常気象が起こらず、いつもと同じような自然環境が続き、日常の清掃や点検、簡単な補修が行われる前提になっています。いくらコンクリートのかぶり厚が厚くても、きちんとメンテナンスや補修が行われていなければ耐久性は大きく低下します。メンテナンスフリーでどの程度長持ちするのかという評価ではないことはよく理解しておきましょう。

「劣化対策等級」における鉄筋コンクリートの水・セメント比と部位別かぶり厚さ
「劣化対策等級」における鉄筋コンクリートの水・セメント比と部位別かぶり厚さ

不動産コンサルタント 長嶋修 + 不動産の達人 株式会社さくら事務所


マンション、一戸建て 後悔しない選び方の「ポイント」とは?大震災後、家選びで迷ったときに読む本の決定版。

不動産コンサルタント 長嶋修:
1999年、業界初の個人向け不動産コンサルティング会社『株式会社さくら事務所』を設立。以降、様々な活動を通じて『“第三者性を堅持した不動産コンサルタント』第一人者としての地位を築く。マイホーム購入・不動産投資など不動産購入ノウハウや、業界・政策への提言、社会問題全般にも言及。著書・メディア出演多数。

不動産の達人 株式会社さくら事務所:
「人と不動産のより幸せな関係を追求し、豊かで美しい社会を次世代に手渡すこと」を目的として設立された、業界初の個人向け不動産コンサルティング会社。第三者性を堅持した住生活エージェント企業といった立場から、利害にとらわれないホームインスペクション(住宅診断)や、購入に関するアドバイスを行なう「不動産の達人サービス」を提供。

マイホームはこうして選びなさい
ダイヤモンド社