楽天不動産: 新築マンション、新築一戸建て(分譲)、賃貸などの総合不動産サイト

楽天不動産

楽天グループ関連
補助メニュー
主なカテゴリー
現在地
楽天不動産TOP > 特集 > 不動産最新キーワード「スマートハウス」
不動産最新キーワードでわかる!失敗しないマイホーム購入のヒント 素人にはわかりにくい不動産用語を解説!あなたのモヤモヤを解決します。最新の不動産キーワードから見えてくる「マイホーム購入のヒント」もいっぱい!今回のキーワードは「スマートハウス」

今回のキーワード「スマートハウス」

スマートハウス

「スマートハウス」の関連ジャンル

全ジャンル

 Q. これからはやっぱり「スマートハウス」でしょ!

「スマートハウス」のポイント A. ウソ。 その前にやることがあります

時代は「省エネ」。業界はこぞって「スマートハウス」を売り出しています。スマートハウス、つまり「smart(賢い)house(住宅)」とは、太陽光発電などでエネルギーを創る「創エネ」、創った電気をためる「蓄エネ」、断熱材やサッシの性能を上げる「省エネ」が可能な住宅のこと。また、HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)の導入により、エネルギーを見える化し消費量の把握や制御を行えるスマートハウスもあります。

このなかで最も大事なのは「省エネ」。設備は必ず寿命がやってきますが、断熱材やサッシの性能を上げることによる建物本体の省エネは、一度工事したら長持ちします。エネルギーを創ったところで、建物そのものの省エネ性能がなければ、それは非常に効率の悪いものとなります。

スマートハウスを購入しようと考えているなら、チェックポイントは建物本体の断熱性能や気密性能で、そのうえでその他の設備導入を検討しましょう。

不動産コンサルタント 長嶋修


これまでの「マイホームの常識」が常識ではなくなっています。業者のセールストークに使われる「通説」に対して不動産のプロが「ホント」か「ウソ」かを判定、「マイホームを買うべきか、買うならいつ、どんな物件を、どうやって?」といったことをやさしく解説します。

不動産コンサルタント 長嶋修:
1999年、業界初の個人向け不動産コンサルティング会社『株式会社さくら事務所』を設立。以降、様々な活動を通じて『“第三者性を堅持した不動産コンサルタント』第一人者としての地位を築く。マイホーム購入・不動産投資など不動産購入ノウハウや、業界・政策への提言、社会問題全般にも言及。著書・メディア出演多数。

不動産の達人 株式会社さくら事務所
「人と不動産のより幸せな関係を追求し、豊かで美しい社会を次世代に手渡すこと」を目的として設立された、業界初の個人向け不動産コンサルティング会社。第三者性を堅持した住生活エージェント企業といった立場から、利害にとらわれないホームインスペクション(住宅診断)や、購入に関するアドバイスを行なう「不動産の達人サービス」を提供。

「マイホームの常識」にだまされるな! 知らないと損する新常識80
朝日新聞出版