楽天不動産: 新築マンション、新築一戸建て(分譲)、賃貸などの総合不動産サイト

楽天不動産

楽天グループ関連
補助メニュー
主なカテゴリー
現在地
楽天不動産TOP > お役立ち > 売買不動産用語辞典

売買不動産用語集

 あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ行

元金(がんきん)
住宅ローンを借り入れた融資額の事。ローンの返済額はこの元金と返済期間に応じて変わる利息分及び金利からなります。


元金均等返済(がんきんきんとうへんさい)
毎月の返済額に占める元金の割合を一定にして返済をする住宅ローンの返済方法のひとつです。
元金の返済額が多いので、それにかかる利息の減りも早く、返済が進むにつれ毎月の返済額は減っていきます。
同じ条件の場合、元利均等返済方法と比較すると総返済額は少なくなりますが、返済開始当初の返済額が高いのが特徴です。
  ⇒元利均等返済(がんりきんとうへんさい)


元利均等返済(がんりきんとうへんさい)
一般的には最も利用されている住宅ローンの返済方法のひとつです。
毎月の返済額が一定で、返済額に占める元金と利息の割合が毎回異なり、返済開始当初は、返済額に占める利息の割合が高く、元金そのものはなかなか減りませんが、毎月の返済額が一定なので、返済計画やそれにともなう預金計画などが立てやすいのが特徴です。
  ⇒元金均等返済(がんきんきんとうへんさい)


管理組合(かんりくみあい)
分譲マンションなどでは、区分所有者(購入者)で構成する集まりの事で、区分所有法によって定められており、分譲マンションを購入すると必然的に管理組合の一員となります。マンション全体の維持や管理、共同生活のルールづくりなど、管理全般についての決定や実施が主になります。


管理費(かんりひ)
分譲マンションの区分所有者(購入者)が管理組合に納入するもので、共同で使用する設備、施設等の維持や管理に必要な経費の事で、一般的には、専有部分の持ち分面積に応じて納入します。


区分所有法(くぶんしょゆうほう)
分譲マンションについての基本的な約束事を制定した法律です。


建ぺい率(けんぺいりつ)
建築物の建築面積(一般的には1階の床面積)の敷地面積(土地)に対する割合のことです。
用途地域の種別等によって、上限の制限があります。


固定資産税(こていしさんぜい)
不動産(分譲マンション・一戸建てなど)を所有している限り毎年負担するもので、毎年1月1日現在で、各市町村の固定資産課税台帳に記入されている土地や建物にかかる地方税の事です。
所有者として登録されている人が負担するものになります。

楽天不動産は、あなたの賃貸探しや、新築、中古マンション・一戸建て・土地などの購入を豊富な情報でサポート。
注文住宅、不動産売却など、全国の不動産に関するあらゆるサービスをご提供しております。
不動産のお悩み相談室もあり、不動産探しが初めての方でも安心してご利用頂けます。
賃貸、新築マンションなど全国の不動産情報をお探しなら、楽天不動産におまかせ下さい。

楽天不動産
賃貸新築マンション中古マンション新築一戸建て(分譲)一戸建て(仲介)土地注文住宅
不動産売却・査定特集

他のエリアで不動産を探す
北海道・東北関東北陸・甲信越東海近畿中国・四国九州・沖縄