楽天不動産: 新築マンション、新築一戸建て(分譲)、賃貸などの総合不動産サイト

楽天グループ関連
補助メニュー
主なカテゴリー
現在地
楽天不動産TOP > 特集 > プロに聞く!! 住まいのお悩み相談室 > 中古物件の内覧について

中古物件の内覧について

keyword: 中古住宅,中古マンション

(ヘルメット / 32歳 / 神奈川県)

中古物件の購入を検討しています。
近々内覧に行く予定なのですが、検討中の物件の中には居住中の物件もあるようです。
(居住中の物件でも、最低限のマナーやエチケットに気を配れば、細かい部分もチェック等しても良いのでしょうか?)
中古物件の内覧は、居住中か空家かでチェックポイント等変わるものでしょうか?
また家主様に直接確認しておくといい質問などはありますか?


中古物件ほど細かく確認させてもらいましょう。

中古物件は売主が居住中のまま売られている場合がたくさんあります。
売主が居住中の場合、遠慮してなかなか細かく確認できないものですが、中古物件ほど建物の状態にバラつきが見られることから細かく確認することが大切です。
ただ、勝手に部屋に入られたり、押入れを開けられたりすることが嫌な売主も多いですから、あらかじめ見られては困る部分がないか確認をしてから見せてもらいましょう。

また、内覧時に確認することができなかった部屋のサイズや収納量は後日、仲介業者経由で確認したり、雨漏りやシロアリの被害を受けたことがあるかなど、とくに傷んでいる個所について確認してみましょう。
空き家の場合、売主が住んでいないことからゆっくりじっくり部屋を確認することができるかわりに、テーブルやソファーといった家具も置かれていないことから、家具の配置や部屋の使い方が想像しづらい場合があります。
持ち込む家具や購入予定の家具のサイズをあらかじめ測っておき、部屋の中で採寸しながら家具を配置したときのイメージを持つことが理想的です。

今週のプロ紹介

不動産コンサルタント・株式会社さくら事務所 コンサルタント
三上 隆太郎

住宅営業として長く新築住宅販売に携わった後、家業の建設会社にて国の施設や公共工事などの 施工経験を積み、個人向け不動産コンサルティング会社『株式会社さくら事務所』参画。 売る側、造る側双方の仕組み・心理を熟知し、相違する両者の橋渡しとなるべく熱意ある アドバイスが好評をよぶコンサルタント。不動産・住宅診断のマルチプレーヤー。
各種講演・執筆実績多数。