楽天不動産: 新築マンション、新築一戸建て(分譲)、賃貸などの総合不動産サイト

楽天グループ関連
補助メニュー
主なカテゴリー
現在地
楽天不動産TOP > 特集 > プロに聞く!! 住まいのお悩み相談室 > 耐震診断の結果で0.9と言われました

耐震診断の結果で0.9と言われました

keyword: 耐震診断,補強工事

(黒猫 / 62歳 / 静岡県)

耐震診断で0.9と言われました。
補強工事をした方が良いのでしょうか?
地震が来た時は運を天に任せるつもりでいるべきか悩みます。
夫婦で意見が違うので・・・・。
プロのご意見をお聞かせ下さい。


必要以上に落胆する必要はありません

耐震診断の結果、評点が1.0以上~1.5未満だと「耐震性が確保されている」という判定(一応、倒壊しない)となり、
0.7以上~1.0未満の場合、「倒壊する可能性がある」という判定になります。

なので、「0.9」という判定だからといって、必ずしも倒壊してしまうわけではありません。
また、耐震診断の診断法が「一般診断法」の場合、非破壊による調査で、かつ、
分かる範囲の情報で行うため、 結果には誤差が生じやすいことから、
より精密な精密診断法を行った場合、評点が1.0以上になる可能性もあるわけです。(もちろん評点が0.9を下回る場合もあります)。

さらに、一般診断法では建物のさまざまな部位の劣化状況も評点を左右する要因となることから、すぐに耐震補強工事を行わなくても各部位を修繕したり、メンテナンスするだけでも評点が上がる場合もあります。

まずは、手軽にできる修繕やメンテナンスに力を注がれてみてはいかがでしょうか。

今週のプロ紹介

不動産コンサルタント・株式会社さくら事務所 コンサルタント
三上 隆太郎

住宅営業として長く新築住宅販売に携わった後、家業の建設会社にて国の施設や公共工事などの 施工経験を積み、個人向け不動産コンサルティング会社『株式会社さくら事務所』参画。 売る側、造る側双方の仕組み・心理を熟知し、相違する両者の橋渡しとなるべく熱意ある アドバイスが好評をよぶコンサルタント。不動産・住宅診断のマルチプレーヤー。
各種講演・執筆実績多数。