楽天不動産: 新築マンション、新築一戸建て(分譲)、賃貸などの総合不動産サイト

楽天グループ関連
補助メニュー
主なカテゴリー
現在地
楽天不動産TOP > 特集 > プロに聞く!! 住まいのお悩み相談室 > パワービルダーの建売住宅で必要な補修とは

パワービルダーの建売住宅で必要な補修とは

keyword: リフォーム,ローン

(銀河/ 43歳 / 千葉県)

パワービルダーが建てた分譲住宅は長期的に見たら注文住宅で建てた場合よりも
補修にお金がかかるイメージがあります。 実際のところ築数十年経過した際に具体的にどういった補修が必要になってくるのか、
どのくらいの出費になるのか教えてください。

  • 今週のプロNPO法人住環境健康情報ネットワーク「住宅の悩みとトラブル無料相談室」理事長 中井義也
  • プロの詳細情報 >>

想定されているメンテナンスは建築会社さんや家の大きさによっても異なります。
保証やメンテナンス方針がどのようになっているか確認しておくことが大切です。

ご相談ありがとうございます。
お住まいのメンテナンスについてのご相談をお伺いしました。

確かに分譲住宅などで、メンテナンスなど費用がかかるケースもよく報告されています。
まず、大切なのは、その保証やメンテナンス方針がどのようになっているかは、しっかりとご確認されるといいでしょう。

これらのメンテナンスについては、建築会社さんや家の大きさによってもそれぞれ違います。

一般的な指標としては、いくつか事例がありますので、ご紹介しておきます。

・屋根、外壁 8年~15年目(塗料による)
80万円~150万円前後

・防蟻処理(シロアリ対策)
5年に一度、15~20万円程度

・熱源関係(ガス・電気)
10年前後に一度、30万~40万円前後

そのほか、設備機器など細かい点を上げていくとさまざまなものがあげられます。

大事なのは、こういった費用もかかると認識した上で、将来のライフプランを計画しておくことです。

メンテナンスにいくらかかるのかについては、ネット上にもさまざまな資料が出ておりますので、 ご確認いただくのがいいと思います。

ご相談のご参考になれば、うれしいです。
ご利用ありがとうございます。

今週のプロ紹介

NPO法人住環境健康情報ネットワーク「住宅の悩みとトラブル無料相談室」理事長
中井義也

大学卒業後、大手ハウスメーカーにて勤め、住宅の多岐にわたるご相談にこたえようと地元の建築会社へ転職。 家造り・リフォーム・不動産と年間360件以上のご相談をお聞きし、活動している。 また、昨今の悪徳リフォームや訪問販売、間違った認識で進められる家づくりを改めるため、『特定非営利活動法人住環境健康情報ネットワーク』を社員と同志で結成、理事長として、「住宅の悩みとトラブル無料相談室」を開設し、お住まいの正しい知識と少しでも有益な情報を得ていただこうと活動している。