楽天不動産: 新築マンション、新築一戸建て(分譲)、賃貸などの総合不動産サイト

楽天グループ関連
補助メニュー
主なカテゴリー
現在地
楽天不動産TOP > 特集 > プロに聞く!! 住まいのお悩み相談室 > 十分なクオリティで長く住むか、格安に建てて後から建て直すか

十分なクオリティで長く住むか、格安に建てて後から建て直すか

keyword: 買い替え,戸建て

(もっちー/ 30歳 / 広島県)

戸建て住宅の平均的な寿命は30年と聞いたことがあります。
知り合いは「戸建てをとことん安く購入して、数十年後飽きたら買い直せばいい」という持論を言ってきました。
私は戸建ての購入は一生に一度と考えてお金をかける派です。
ライフスタイルの変化もありますから知り合いの言うことも一理あるのかなと思いますが、限りある収入の中で、格安な戸建てを一生に2回購入するプランのメリットデメリットを教えてください。

  • 今週のプロNPO法人住環境健康情報ネットワーク「住宅の悩みとトラブル無料相談室」理事長 中井義也
  • プロの詳細情報 >>

結論から言うと、充分なクオリティで長く住むということをお勧めします。

ご相談ありがとうございます。
長く住むか、後から立て直すのかについてのご相談とお伺いしました。

まず、結論から言うと、充分なクオリティで長く住むということをお勧めします。

ポイントは、2つです。
・現在の住宅のメンテナンス性
今の住宅は、なるべくメンテナンスがかからない ようにできています。
もちろん仕様により変わってきますが、 経年変化に対応しながら、メンテナンスしていけば、 住まいは長持ちします。

・2回購入のメリット・デメリット
メリットとしては、初回が気に入らなければ 2回目があるので、その経験を元に1から計画 できるというところでしょう。合わせて、 住み替えということもできますので、 地域の変更もしやすいですね。

デメリットとしては、やはり、経費が かかるということでしょう。
新築を2回すると言うことは、その分 購入時にかかる経費も2倍かかります。
それ以外にも見えない費用というのが、 かかってきます。

また、格安な戸建ての場合、 住むための費用としてのメンテナンスも かかるとこが、予測されますので、 充分なご検討が必要です。

これらは複合的にシュミレーションすることが できますが、2回購入の際には、2回目買うときの 経済状況にもより、左右されます。

大事なのは、どちらのケースにしろ、 しっかりと家を適正に管理しながら住むために いくらかかるのかも算出しながら、 計画していくことです。

そういった視点も考えて、複合的に 考えていかれることをお勧めします。

そういった視点で考えると、やはり 充分なクオリティで長く住むということが いいと思います。

ご相談のご参考になればうれしいです。

今週のプロ紹介

NPO法人住環境健康情報ネットワーク「住宅の悩みとトラブル無料相談室」理事長
中井義也

大学卒業後、大手ハウスメーカーにて勤め、住宅の多岐にわたるご相談にこたえようと地元の建築会社へ転職。 家造り・リフォーム・不動産と年間360件以上のご相談をお聞きし、活動している。 また、昨今の悪徳リフォームや訪問販売、間違った認識で進められる家づくりを改めるため、『特定非営利活動法人住環境健康情報ネットワーク』を社員と同志で結成、理事長として、「住宅の悩みとトラブル無料相談室」を開設し、お住まいの正しい知識と少しでも有益な情報を得ていただこうと活動している。