楽天不動産: 新築マンション、新築一戸建て(分譲)、賃貸などの総合不動産サイト

楽天グループ関連
補助メニュー
主なカテゴリー
現在地
楽天不動産TOP > 特集 > プロに聞く!! 住まいのお悩み相談室 > 不動産の売却など

不動産の売却など

keyword:中古住宅,境界

(サラダバー5854/ 53歳 / 北海道)

私は2008年に中古住宅を購入しました。
リフォームに問題があるのではと業者に話し、その後宅建協会にも相談しましたが、契約上問題ないと言われ諦めました。
この業者は売主に代金を払わせずに建築業者にリフォームをさせ、最初から買い主に支払わせるつもりだったみたいです。
売主はリフォーム代金を支払う費用は全く持っていなかったらしく、そのため早く売ってしまいたかったのだと思います。
おかげで建築業者ともやり合い不愉快な思いをしました。
ここに引っ越してから悪い事ばかりで、とにかく早くこの家を売却して転居したいと考えています。
引っ越しの際測量をしましたが、隣が勝手に境界石を移動させてしまいました。この隣はとても自分勝手で、引っ越してから嫌がらせを受けています。現在私は独り暮らしをしており、女性だけということもあり甘くみているのでしょう。色々相談をしましたが、最終的には法に訴えるしかないと言われました。ですが私は訴えるのではなく何か他の方法がないものか、教えて頂きたいのです。売却するにもこれをクリアしなければなりません。
今後どのように対処していけばいいのか、本当に困っています。

  • 今週のプロNPO法人住環境健康情報ネットワーク「住宅の悩みとトラブル無料相談室」理事長 中井義也
  • プロの詳細情報 >>

最初にあげられる重要事項は、
隣地との境界を確定させることでしょう。

ご相談ありがとうございます。
家の売却に関するご相談とお伺いしました。
まず、もう、売却して転居されたいということなので、ひとつずつ問題を解消されていくことが必要でしょう。

売却にかかる上で、最初にあげられる重要事項は、大事なのは、境界を確定させることでしょう。
隣地との境界を確定させるためには、お隣の方との話し合いが必要ですが、
状況をお伺いする限り、問題がありそうなので、難しいのでしょう。

そもそも、中古住宅を購入する際、業者には境界の明示義務があるので、それがあいまいになっていたのもあると思いますが、
測量もされていて、その段階で動かしていて、確定できないのであれば第3者に依頼するしかありません。
基本的には、土地家屋調査士さんに頼み、第3社的な立場で測量をしてもらい、
その上で、どうにもならないようなら、筆界特定制度を使い境界を明示してもらうことも考えられるといいと思います。

筆界特定制度を活用することによって公的な判断として筆界を明らかにできるため
隣人同士で裁判をしなくても、筆界をめぐる問題の解決を図ることができます。

ただし、筆界特定制度は、土地の所有権がどこまであるのかを特定することを目的とするものではありません。
筆界特定の結果に納得することができないときは、後から裁判で争うこともできます。
まずは、境界の位置をちゃんと確定させる。その上で話し合いという流れになると思います。

費用もかかりますが、いろいろと証拠集めをして、しっかりと準備されてから、進めていかれるのをお勧めいたします。
ご相談のご参考になれば、うれしいです。
ご利用ありがとうございます。

今週のプロ紹介

NPO法人住環境健康情報ネットワーク「住宅の悩みとトラブル無料相談室」理事長
中井義也

大学卒業後、大手ハウスメーカーにて勤め、住宅の多岐にわたるご相談にこたえようと地元の建築会社へ転職。 家造り・リフォーム・不動産と年間360件以上のご相談をお聞きし、活動している。 また、昨今の悪徳リフォームや訪問販売、間違った認識で進められる家づくりを改めるため、『特定非営利活動法人住環境健康情報ネットワーク』を社員と同志で結成、理事長として、「住宅の悩みとトラブル無料相談室」を開設し、お住まいの正しい知識と少しでも有益な情報を得ていただこうと活動している。