楽天不動産: 新築マンション、新築一戸建て(分譲)、賃貸などの総合不動産サイト

楽天グループ関連
補助メニュー
主なカテゴリー
現在地
楽天不動産TOP > 特集 > プロに聞く!! 住まいのお悩み相談室 > 提携ローンについて

提携ローンについて

keyword: 提携ローン,マンション

(sakura / 43歳 / 大阪府)

提携ローンでローン審査を通りました。
が、先にマンションを買った先輩に聞くと、それ以外のところにも聞いてみた方がいい、と…。
実際には提携ローンとそうでないローン、どちらを選ぶのが得策でしょうか?

【提携ローン】とは不動産会社やハウスメーカーと金融機関が提携している住宅ローンのことです。

提携ローンのメリットとしては、
1.不動産会社やハウスメーカーと金融機関の信頼関係が構築されており物件担保評価等も金融機関が把握しているので手続きが簡素化されます。融資を受ける側としては不動産会社やハウスメーカーの指示に従うだけでよいので、その結果、審査に要する時間が短縮されます。
2.提携優遇金利が適用されます(銀行によってはない場合もあります)。

デメリットとしては金融機関選択の選択肢が狭くなります。

物件購入を決めたときに不動産会社やハウスメーカーから提携ローンを紹介されると、そこでしか借りられないと思いがちですが、そんなことはありません。希望の金融機関で借りられます。提携金融機関より他の金融機関のほうが同じ金利タイプでも金利が低かったりすることもありますので、各金融機関の金利を確認して審査に臨まれるとよいでしょう。

提携ローン以外の審査を受ける場合には担保評価を審査する物件関係の書類等、審査に必要な書類をすべて自分で用意しなくてはなりませんが、物件購入契約前に受ける事前審査の段階では審査に必要な物件関係書類は不動産会社やハウスメーカーに要請すれば用意してくださいます。物件契約後に提携ローン以外のところに審査を出す場合、審査に必要な契約書や物件関係資料は契約時に渡されたファイル一式の中に入っているはずです。
ここで気を付けなくてはならないことは、引き渡し日に融資実行が間に合うように審査を進めることです。

いずれにしても、提携ローンと非提携ローンどちらが得かということは借入れに対する諸費用も含めシミュレーションをして判断するとよいでしょう。

今週のプロ紹介

コンサルタント・株式会社さくら事務所 マネーコンサルタント
浅井理恵

ファイナンシャルプランナーとして「住宅資金」「教育資金」「老後資金」「将来の夢資金」の構築を社会保障・税金を含めアドバイスをさせて頂いております。
そして、その資金作りに有効な手段として生命保険・損害保険の活用があります。
皆様の夢や希望の実現・お金に関する悩みや不安を解決するお手伝いをさせて頂きます。

<保有資格>
・AFP
・2級ファイナンシャル・プランニング技能士
・住宅ローンアドバイザー
・相続診断士
・リスクマネジメント協会正会員(RMF・PLM・BRA)
・ライフケア・プラクティショナー(日本医療コーディネーター協会認定)


●さくら事務所 お金の見直しサロン
http://www.sakurajimusyo.com/salon/