楽天不動産: 新築マンション、新築一戸建て(分譲)、賃貸などの総合不動産サイト

楽天不動産
楽天グループ関連
補助メニュー
主なカテゴリー
現在地
楽天不動産TOP > 特集 > プロに聞く!! 住まいのお悩み相談室 > 中古マンションの管理状態を知るには?

中古マンションの管理状態を知るには?

keyword: 中古マンション

(かずのこ/ 35歳 / 神奈川県)

中古マンションを買おうと探している者です。
管理状態も大切な選択基準だと思っています。
清掃が行き届いているかや破損されたままとなっている設備がないかなどは、見学の際にわかりますが、辺りを見回すだけではわからない管理状態の良し悪しはどのように見分ければいいでしょうか。
居住者のモラルや、修繕計画が整っているかなど、心配ないかどうか気になります。

宅地建物取引業者に協力してもらいましょう。

宅地建物取引業者は、売却等の依頼を受けた場合、マンション管理会社に対し、重要事項調査報告というものを依頼します。

これは、管理組合の財務・管理に関する情報を、宅地建物取引業者や売主を通じて、事前に専有部分の購入等を予定する方に提供・開示することで、購入予定者等の利益の保護やマンション内におけるトラブルの未然防止を目的として行われている制度です。
この重要事項調査報告の報告書には、管理組合役員数やその選任方法、理事会活動状況、駐車場等の空き状況、管理費・修繕積立金等の額、支払い方法、滞納額、管理費会計や修繕積立金会計の現状、滞納額、借入額、専有部分使用の規制、長期修繕計画の有無、共用部分等の修繕実施状況、実施予定、アスベスト使用調査内容、耐震診断の内容などの詳細な情報が記載されています。

これとあわせて、管理規約の提供を受けられたり、総会議事録、長期修繕計画、修繕履歴の閲覧や提供を受けられたりする場合があります。居住者のモラルについては総会議事録等で、修繕の状況については長期修繕計画や修繕履歴である程度の確認ができますので、宅地建物取引業者や売主に協力を求めてみてはいかがでしょうか。

今週のプロ紹介

株式会社さくら事務所 マンション管理コンサルタント
川島崇浩

中堅デベロッパー、ビルマネジメント、不動産仲介営業を経験後、大手マンション管理会社複数社において、長年にわたり分譲マンションの管理に携わる。 管理組合運営はもちろん、日常小修繕、外壁他大規模修繕工事等の計画修繕に至るまで、幅広いノウハウをもつ。 株式会社さくら事務所に所属。マンション管理コンサルタントとして奮闘中。

<保有資格>
・マンション管理士
・管理業務主任者
・マンション維持修繕技術者
・区分所有管理士
・防犯設備士