楽天不動産: 新築マンション、新築一戸建て(分譲)、賃貸などの総合不動産サイト

楽天グループ関連
補助メニュー
主なカテゴリー
現在地
楽天不動産TOP > 特集 > プロに聞く!! 住まいのお悩み相談室 > 私道に接する一戸建てを購入するときのデメリットを教えてください。

私道に接する一戸建てを購入するときのデメリットを教えてください。

keyword: 一戸建て、私道

(まなたん/ 30歳 / 東京都)

私道に接する一戸建てを購入するときのデメリットはありますでしょうか?
購入する前に確認するべきポイントはありますでしょうか?

私道は所有者が個人や民間団体となるため、維持管理が思うようにできない場合があります。

私道の場合、公的に認められた道路かどうかを確認する必要があります。
建物を建てる場合、敷地が道路に2m以上接しなければならないという法律があり、例えば、見た目は道路でも、通路ということもあったりします。
その場合、道路の扱いにはならないので、建物を新たに建てることが困難になります。
公的に認められた私道の場合、建物を建てることは可能ですが、デメリットがあります。

私道は所有者が個人や民間団体となるため、維持管理が思うようにできない場合があります。 例えば、道路の表層が荒れてきた場合や、道路内の給排水やガス、電柱、電線などの新設・たて替えには所有者の許可が必要となりますが、所有者と連絡が取れないこともあります。
従いまして、誰が所有しているのか、連絡が取れるのか、維持管理はどのようになっているかなど、事前に確認する必要があります。

今週のプロ紹介

株式会社さくら事務所 ホームインスペクター
川野武士

設計事務所、デベロッパーにて住宅と公共建物の設計、監理の経験を経て建築コンサルタントに従事。 計画前から設計、工事、建物完成後まで幅広い分野にセカンドオピニオンとして相談に応える。 株式会社さくら事務所に所属。コンサルタント、インスペクターとして奮闘中。

<保有資格>
・一級建築士
・二級建築施工管理技士
・測量士補
・鉄筋コンクリート系マンション健康診断技術者
・日本ホームインスペクターズ協会 公認ホームインスペクター