楽天不動産: 新築マンション、新築一戸建て(分譲)、賃貸などの総合不動産サイト

楽天不動産
楽天グループ関連
補助メニュー
主なカテゴリー
現在地
楽天不動産TOP > 特集 > プロに聞く!! 住まいのお悩み相談室 > 「鉄骨」と「鉄筋コンクリート」の違い

「鉄骨」と「鉄筋コンクリート」の違い

keyword:鉄骨、鉄筋コンクリート

(ひろき/ 30歳 / 京都府)

建物の構造の表記にある「鉄骨」と「鉄筋コンクリート」は、表現が似ていますが、どう違うのでしょうか?住むのであればどちらがよいのでしょうか?

  • 今週のプロNPO法人住環境健康情報ネットワーク「住宅の悩みとトラブル無料相談室」理事長 中井義也
  • プロの詳細情報 >>

構造的に、まったく違う建物です。

ご相談ありがとうございます。
鉄骨と鉄筋コンクリートの違いについてのご相談とお伺いしました。

まず、違いについてですが、鉄骨は鉄の柱で作られている建物です。厚みにもより、呼び方が変わります。
鉄筋コンクリートは、鉄筋と呼ばれる鉄の細い棒を組み合わせ、そこにコンクリートを流し込んだ建物です。

ですので、構造的に、まったく違う建物です。
どちらが住みやすいか?については、個人的な意見になりますが、それぞれの建物のメリット・デメリットをお伝えします。

鉄骨のメリットとして、大空間の間取りなどがつくりやすいため、広々とした空間がつくれます。
デメリットとしては、構造にもよりますが、揺れやすいということが挙げられます。 低層アパートなどに利用されていることが多いです。

鉄筋コンクリートのメリットは、比較的しっかりしたつくりになるため、安全性と防音性に優れていることです。
デメリットとしては、コンクリートなので、湿気に弱い点です。ですので、湿気対策がしっかりされているか注意しましょう。 高層マンションなどに利用されます。
また、鉄筋コンクリートは柱型と呼ばれる部分が必要になり、その柱型の分だけ部屋の面積が小さくなるケースがあります。そのため、同じ土地でも鉄骨造のほうが比較的部屋の面積を大きく取れます。 構造も大事な部分ですが、総合的に判断され、選ばれると良いでしょう。

あなた様のご相談のご参考になれば、うれしいです。
ご利用ありがとうございます。

今週のプロ紹介

NPO法人住環境健康情報ネットワーク「住宅の悩みとトラブル無料相談室」理事長
中井義也

大学卒業後、大手ハウスメーカーにて勤め、住宅の多岐にわたるご相談にこたえようと地元の建築会社へ転職。 家造り・リフォーム・不動産と年間360件以上のご相談をお聞きし、活動している。 また、昨今の悪徳リフォームや訪問販売、間違った認識で進められる家づくりを改めるため、『特定非営利活動法人住環境健康情報ネットワーク』を社員と同志で結成、理事長として、「住宅の悩みとトラブル無料相談室」を開設し、お住まいの正しい知識と少しでも有益な情報を得ていただこうと活動している。