楽天不動産: 新築マンション、新築一戸建て(分譲)、賃貸などの総合不動産サイト

楽天グループ関連
補助メニュー
主なカテゴリー
現在地
楽天不動産TOP > 特集 > プロに聞く!! 住まいのお悩み相談室 > セットバックがある土地を購入するときの注意点を教えてください。

セットバックがある土地を購入するときの注意点を教えてください。

keyword: セットバック、土地

(もえみ/ 50歳 / 神奈川)

セットバックがある土地を購入するときに注意すべきことはありますか?

  • 今週のプロNPO法人住環境健康情報ネットワーク「住宅の悩みとトラブル無料相談室」理事長 中井義也
  • プロの詳細情報 >>

セットバックについては、 道路と同じ扱いになるため、基本的に家を建てるときの面積など、直接かかわってきます。

ご相談ありがとうございます。

セットバックとは、目の前の狭い道路(幅員4m未満の道路)を、建築基準法上の道路とみなされる道路(建築基準法42条2項道路)にするために、 建て替え時に道路の中心線から2mの位置まで敷地の境界線を後退させることを言います。

さて、そのうえで、気を付けることは、このセットバックについては、 道路扱いと同じなため、基本的に家を建てるときの面積など、直接かかわってきます。
そして、周りの状況はどうあれ、法的に後退する必要がありますので、そこに構造物をつくったりすることができません。

ですので、そのセットバックの位置がどのあたりまで下がるのかは、しっかりと確認しておくことが必要なのと、住宅建設のための土地購入の場合なら、それらを踏まえて、自分の希望の家ができるかどうかを、信頼できる建築屋さんとともに検討して、購入を考えるのがいいでしょう。

また、金額についてもご検討していただくことが必要です。 全体の面積で考えれば、割安に見える場合もありますが、セットバックは、基本道路という考え方なので、それらを引いて、その土地の本当の価値を見極めることも大切です。

ご相談のご参考になれば、うれしいです。

今週のプロ紹介

NPO法人住環境健康情報ネットワーク「住宅の悩みとトラブル無料相談室」理事長
中井義也

大学卒業後、大手ハウスメーカーにて勤め、住宅の多岐にわたるご相談にこたえようと地元の建築会社へ転職。 家造り・リフォーム・不動産と年間360件以上のご相談をお聞きし、活動している。 また、昨今の悪徳リフォームや訪問販売、間違った認識で進められる家づくりを改めるため、『特定非営利活動法人住環境健康情報ネットワーク』を社員と同志で結成、理事長として、「住宅の悩みとトラブル無料相談室」を開設し、お住まいの正しい知識と少しでも有益な情報を得ていただこうと活動している。